スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by M  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

地球で遭遇〜中国編3


中国の国慶節に合わすように黒竜江省の省都・哈爾浜市(ハルビン市)を訪れた時のこと
新潟発の中国南方航空機でハルビン太平空港に到着した

ハルビンは何度も訪れていたし、新潟直行便も数回目だったので
いつものように入国審査に並んでいたら、今回はずいぶんと時間が掛かっているようだ
やたらとチェックが厳しいけど、7月に新彊ウイグル自治区で暴動があったばかりだし、国慶節にあわせて警戒が厳しいのかななどと思いながら並んでいたらやっと自分の番になった

いつもだと、パスポートをパラパラめくって空いてるところへドン!と
スタンプ押して戻してくれるのだがこの日は違った
一頁、一頁、しっかりと確認している
自分のパスポートは、数カ国のビザが張ってあったので
入国管理官にとっては、目立つ存在だったのだろう

一通りチェックした後ゆっくりと逆にめくりだした
そして、ビザが貼ってある頁を入念にチェックしだしたのだ
イスラム教系の国のビザの頁に指を入れ、まためくりだす
そして、同じビザが貼ってある頁でこちらの顔をチラッと見た

直感的に「ヤバイ」と思った瞬間
管理官が、手を振りながら何やら大きな声を出した
すると、直ぐに3〜4人の制服を着た男達に囲まれてしまった

「ちょっと奥まで来てもらおうか」(多分)
「・・・」

初めての別室待遇は、まるでゴルゴ13になった気分だ(笑)
中国語で、わーわーと指示される
上着やズボンのポケット、カバンの中身まで全部テーブルの上に出せと言われ
フィルムカメラを面白そうにいぢりまわしたり
パソコンの電源も入れろ!と・・・
連れてこられた理由も分からず、横柄な態度で強要され
表面は冷静さを装っていても腹の中は沸々と音を立てだした

そうこうしているうちに、日本語の分かる係官がやってきて
「こんな所に連れてきてすみません」と済まなそうに言われ大分平静になった(汗)
彼に、一通り質問を受けた後に容疑が晴れ無事解放となったが
部屋を出る際にも、係官から「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉をもらい気持ちも落ち着きを取り戻した
まー、自分の国でこんな事があったら大爆発するところだろうが
他人のお宅を訪問したら、そこそこの流儀というのもあるだろう
郷に入っては郷に従えということかな
こんなことも、今となっては良い思い出になっている

R0011712.jpg


2009年9月28日 中国・黒竜江省ハルビン市にて

世界のいろんなところを回っていると、日本ではなかなか体験できないようなトラブルやちょっとした出来事に遭遇する
そんなこぼれ話を呟いてみようと思う

スポンサーサイト
by M  at 09:50 |  地球で遭遇 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

地球で遭遇〜中国編2

外国人は泊まれません!

中国内モンゴル自治区の田舎町に行った際
仕事を終え、都市間バスで3〜4時間ほどかけ空港のある町へ向かった
今回は、通訳氏が同行なので呑気なものである
ホテルはネットで予約し、決済も終えたという
着いたら、あるかどうか分からないが冷たいビールと旨い料理でも愉しもうと話し合っていた

P1020290.jpg

バスターミナルからホテルまでは歩いて2〜3分のところにあった
通訳氏がチェックインを始めて間もなく
大きな声で、激しく抗議しだした
何事かと思って聞いたら冒頭の件である

日本だと、東横インみたいなところで中国全土に展開している中国の大手ホテルチェーン
どうやら、外国人の宿泊許可を取っていないようなのだ
ホテル全部なのか、この町のホテルだけの問題かは分からないが
駄目と言ったら駄目!の一点張りである
しかし、ネットで決済済だし今更ホテルを取り直すわけにはいかないと
通訳氏も粘る、粘る

ついに、ホテル側が折れて
警備員のおっさんが、警察に言って手続きするから着いてこいということになった
歩くこと10分ほど、ビルの一室に入っていったら警官が一人
警備員が説明して、パスポートを見せる
種類にかき込んだり、哨戒したりと2〜30分も掛かったろうか
パスポートを返されて一件落着
どう見ても、慣れてる手つき
ホテルは、いちいち登録手続きに訪れるのが面倒だから
宿泊拒否してただけなのかもしれないが、無事宿泊することが出来てホッとした瞬間だった


2016年10月 中国・内モンゴル自治区赤峰市にて

世界のいろんなところを回っていると、日本ではなかなか体験できないようなトラブルやちょっとした出来事に遭遇する
そんなこぼれ話を呟いてみようと思う
by M  at 12:54 |  地球で遭遇 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

普通列車の旅〜その3

緑駅を出て間もなく川湯温泉駅に到着した
駅には川湯温泉行きのバスが待っている
バスに乗ろうとしたら、東洋系の女性二人組が何やら思案顔しながら地図を見ていた
話を聞いたら、中国から来た観光客
海外でローカル線に乗って旅をするなんて、さすが中国人は行動力があるなぁと思った
白鳥を見に屈斜路湖に行きたいと言うが、川湯の街からタクシーに乗らないと行けないよ〜と
片言の英語で伝えるとOKと言いながら、バス内で分かれたのだった



EPSON R-D1s 川湯駅前でバスに乗る


EPSN7791.jpg

EPSON R-D1s 
郵便局前で下車し、目の前の霧氷のポイントに立ち寄る
この川は、温泉が流れ込んでいるので水蒸気がめちゃ上がる
なので、霧氷がとても綺麗にできるのだ


MX1_3513A.jpg
PENTAX MX-1
生憎この日は、それ程気温が下がらず
周囲を巻き込んだ霧氷の乱舞とはいかなかったが
川の周囲はそこそこ綺麗だった


EPSN7802.jpg
EPSON R-D1s
霧氷撮影の後は、神社を訪れ一年の無事を、形だけ感謝する


EPSN7818A.jpg
EPSON R-D1s
川湯の街中をモノクロで撮る
朝の低い光りが、魅力的な光と影を演出してくれた


EPSN7834.jpg
EPSON R-D1s
寒い中、街中のお散歩は被写体に事欠かない
ウロウロ、キョロキョロしてるただの不審者に見られかねないけど(^^ゞ
蛇足だが、R-D1sのモノクロモードは今までに使った事があるコンデジデジ、デジイチの中で
トップクラスに好きだ


EPSN7846.jpg
EPSON R-D1s
街中をざっとお散歩撮影した後、硫黄山に歩いて向かった
2〜3キロだというので直ぐ着くだろうと思ったけど
歩き出したら案外遠かった(;´Д`)
自分以外に2人分の足跡があったので、同じ事を考えて歩いてる好き者観光客がいるんだなと思わず笑ってしまった
ちなみに、川湯温泉から硫黄山まで公共交通機関は無し
一番近くのバス停からでも1キロくらいあるんじゃないかな


EPSN7848.jpg
EPSON R-D1s
もういい加減嫌になった頃、硫黄山に到着
何度も来てるんだが、冬は初めて
寒いからかなぁ、いつもよりなんとなく迫力がある感じ(あくまで感じかもしれない)


MX1_3532A.jpg
PENTAX MX-1
硫黄山を後にして、川湯温泉駅まで歩いて行く
距離にして1.5キロくらいかな
駅の寒暖計はマイナス4℃


IMG_5337.jpg 
歩いたら暑くてたっぷり汗をかいてしまったので
駅のレストランで冷たいビールと食事を摂って釧路行きの汽車を待つ


MX1_3547.jpg
PENTAX MX-1
川湯温泉駅発12:02の釧路行きに乗車する
来る時にすれ違ったルパン三世列車がやって来た
網走から折り返し運転してきたらしい
さて、次は何処まで行こうか。。。



by M  at 09:21 |  北海道内 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

普通列車の旅〜その2

普通列車の旅だから、基本全ての駅に停車して、ほとんど単線だから列車待ち合わせでの停車もある
なので、当然遅い!
これといって、目的もなかったのだが
乗り放題パスを買ったので、どうせなら北海道をぐるっと回ろうかと考えていた
もともと気が短く、遅い事にたいしてイライラがつのる性格
我慢できなくなったら特急に乗ればいいやくらいの気持ちで出発した

旅の楽しみは、やっぱり写真なので
カメラはフィルム1台とデジタル2台の3台体制
フィルムは敢えてハーフカメラ、デジタルは、発売10年、600万画素の現役機と、ちょっとでかくて重いコンデジ
作品を撮ることなど、全く頭にないデコボコトリオ^_^;

IMG_5370.jpg
CANON DEMI EE17

MX1_3726.jpg
EPSON R-D1s

IMG_5357.jpg
PENTAX MX-1


その他の荷物は、着替え一式、ガスやコッヘル、汽車待ちの際、お散歩中吹雪いた時に対応する冬山登山もどきの装備などなどを
登山用の85Lザックにつめた
この歳になって初めてのバックパッカーも体験することとなった

IMG_9353.jpg



さて、知床斜里駅を出発して30分ほどで「緑駅」に到着した
運転士さんから、待ち合わせのため数分停車するとの案内があったので
汽車を降りて駅やら反対方向からやってくる列車を狙う

EPSN7767.jpg
EPSON R-D1s 朝の光は良いねー

EPSN7770.jpg
EPSON R-D1s お、汽車がやってきた

EPSN7772A.jpg
EPSON R-D1s おおー、なんじゃこりゃ

EPSN7775.jpg
EPSON R-D1s
JR花咲線専用列車のように公表されていたルパン三世のラッピング(ペイント)列車が入ってきたぞ
ラッキー(笑)
こりゃさい先が良いね〜



by M  at 08:56 |  北海道内 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

普通列車の旅〜その1

年末年始、JRの普通列車で小さな旅に出た
撮り鉄でも、乗り鉄でもない自分がなぜ不便な普通列車(汽車)の旅を選んだのか

年末に、
「写真ゼロ番地知床」のミニワークショップでJR釧網本線に乗って
撮影小旅行が企画できないかとロケハンに出掛けた時のこと
知床斜里駅で偶然に地元の写真家大先輩にお会いし、釧路からJR花咲線に乗って日の出を眺めながら根室まで行きたいという話を聞いて、これは頂きだ〜と思った

MX1_3488A.jpg
PENTAX MX-1 JR 北海道・釧網本線

思い立ったら吉日
年末年始にやるしかない!と、早速時刻表を買って実行に移したのだ
普通列車の旅として有名なのは、青春18切符なのだが
今回は、JR北海道とJR東日本全路線で使用可能な「北海道&東日本パス」を利用した
単に1000円安かったのよね ^_^;

12月30日、JR知床斜里駅7:26発釧路行き普通列車で旅をスタートした

MX1_3477A.jpg
PENTAX MX-1 JR釧網本線・知床斜里駅

MX1_3478A.jpg
PENTAX MX-1 JR釧網本線・知床斜里駅

MX1_3480A.jpg
PENTAX MX-1 JR釧網本線・知床斜里駅
by M  at 06:16 |  北海道内 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

M

Author:M
ある時はM、あるときは小五郎。
そんな気分屋が、地球で気ままに、楽しみながら写真を撮っています

本館の「知床自然写真館」もよろしくお願いします

☆☆☆ 画像の無断使用はご遠慮ください ☆彡

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。