スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by M  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

地球で遭遇〜中国編3


中国の国慶節に合わすように黒竜江省の省都・哈爾浜市(ハルビン市)を訪れた時のこと
新潟発の中国南方航空機でハルビン太平空港に到着した

ハルビンは何度も訪れていたし、新潟直行便も数回目だったので
いつものように入国審査に並んでいたら、今回はずいぶんと時間が掛かっているようだ
やたらとチェックが厳しいけど、7月に新彊ウイグル自治区で暴動があったばかりだし、国慶節にあわせて警戒が厳しいのかななどと思いながら並んでいたらやっと自分の番になった

いつもだと、パスポートをパラパラめくって空いてるところへドン!と
スタンプ押して戻してくれるのだがこの日は違った
一頁、一頁、しっかりと確認している
自分のパスポートは、数カ国のビザが張ってあったので
入国管理官にとっては、目立つ存在だったのだろう

一通りチェックした後ゆっくりと逆にめくりだした
そして、ビザが貼ってある頁を入念にチェックしだしたのだ
イスラム教系の国のビザの頁に指を入れ、まためくりだす
そして、同じビザが貼ってある頁でこちらの顔をチラッと見た

直感的に「ヤバイ」と思った瞬間
管理官が、手を振りながら何やら大きな声を出した
すると、直ぐに3〜4人の制服を着た男達に囲まれてしまった

「ちょっと奥まで来てもらおうか」(多分)
「・・・」

初めての別室待遇は、まるでゴルゴ13になった気分だ(笑)
中国語で、わーわーと指示される
上着やズボンのポケット、カバンの中身まで全部テーブルの上に出せと言われ
フィルムカメラを面白そうにいぢりまわしたり
パソコンの電源も入れろ!と・・・
連れてこられた理由も分からず、横柄な態度で強要され
表面は冷静さを装っていても腹の中は沸々と音を立てだした

そうこうしているうちに、日本語の分かる係官がやってきて
「こんな所に連れてきてすみません」と済まなそうに言われ大分平静になった(汗)
彼に、一通り質問を受けた後に容疑が晴れ無事解放となったが
部屋を出る際にも、係官から「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉をもらい気持ちも落ち着きを取り戻した
まー、自分の国でこんな事があったら大爆発するところだろうが
他人のお宅を訪問したら、そこそこの流儀というのもあるだろう
郷に入っては郷に従えということかな
こんなことも、今となっては良い思い出になっている

R0011712.jpg


2009年9月28日 中国・黒竜江省ハルビン市にて

世界のいろんなところを回っていると、日本ではなかなか体験できないようなトラブルやちょっとした出来事に遭遇する
そんなこぼれ話を呟いてみようと思う

by M  at 09:50 |  地球で遭遇 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

M

Author:M
ある時はM、あるときは小五郎。
そんな気分屋が、地球で気ままに、楽しみながら写真を撮っています

本館の「知床自然写真館」もよろしくお願いします

☆☆☆ 画像の無断使用はご遠慮ください ☆彡

最新記事
FC2カウンター
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。